脇の黒ずみを市販クリームでキレイにする方法はコレ

デリケートゾーン黒ずみの市販クリーム

普段だれに見せるわけではないと言っても、女性にとって脇の黒ずみの悩みは深いです。なぜ脇の黒ずみができてしまうのか原因を突き止めて、毎日のケアをしたいと思っており、脇の黒ずみにはどんな市販品ならおすすめなのか気になる方はぜひ続きをご覧ください。

脇の黒ずみに市販の石鹸は使えるの?

脇の黒ずみに石鹸の市販品を使えるかどうか気になりませんか?これまで普通のボディソープで脇を洗っていた日本人女性がとても多いのに対して、海外では脇の黒ずみ専用の石鹸が普通に売られていて、ほとんどの女性たちが使っています。

日本人は綺麗好きなのにどうして女性たちは脇の黒ずみ専用の石鹸を使わないのか、海外の女性から見れば不思議と思われるでしょう。

最近になってやっと日本人女性も脇の黒ずみ専用の石鹸が注目されるようになりました。これも薬局やドラッグストアで手軽に買えるようになったためでしょう。市販品は安いので手に入りやすいことも理由のひとつと言えます。

脇のひだの黒ずみやアソコの黒ずみのケアに市販の石鹸を使うなら、弱酸性にこだわるようにしてください。洗浄力があまり強すぎると刺激が強すぎて肌や粘膜にダメージを与えやすいため、脇の黒ずみに石鹸を市販のもので選ぶなら弱酸性かどうかを確認してから購入しましょう。

脇の黒ずみに市販のクリームも使えるの?

脇の黒ずみや足の付け根の黒ずみにクリームの市販品を使う場合、医薬部外品なら安全です。体の中で特に脇は皮膚が薄く、その薄さは目の周りより薄いと言われています。刺激が強い成分が含まれていたり、安全が確証されていない成分が配合されているものを使うのは危険が伴います。

また、ニベアやケシミン、オロナインを脇の黒ずみケアに使っているという口コミやSNSでの投稿も見ますが、この二つは肌ケアのために優れた市販品ではありますが、脇の黒ずみを治すために作られたものではないので、脇の黒ずみをキレイにするために取り入れることはおすすめできません。

脇の黒ずみを治すため市販品を選ぶなら、トラネキサム酸やビタミンC誘導体などの美白成分が含まれているものを選ぶようにしてください。

脇の黒ずみに市販品を使うならムダ毛のケアも気にしよう

脇の黒ずみやビキニラインの黒ずみにドラッグストアや薬局で売られている市販品をケアに取り入れるのと同時に、ムダ毛のケアにも気を付けておきましょう。なぜなら、ムダ毛の誤ったケアが脇の黒ずみを作っている可能性が高いためです。

もしも脇のムダ毛をカミソリや毛抜きで処理しているなら、今すぐやめてください。この二つは肌に大きな刺激とストレスを与えるため、メラニンが過剰分泌する原因に繋がります。結果的に脇の黒ずみが出来やすい状態になるわけです。

どうしても自宅で脇のムダ毛を処理するなら、長くなった部分をハサミでカットしてください。どうしてもカミソリで処理したいなら、剃る前や剃った後は必ず保湿ケアをしてください。
このとき普段使っているフェイスケアやボディケアのクリームは使えませんので、脇の黒ずみに使えるクリームでしっかり保湿をして肌を保護しましょう。

脇の黒ずみに市販のアイテム導入と同時に始めたいこと

脇の黒ずみが生活習慣の乱れによって悪化することも分かっています。脇の黒ずみに市販品でケアするなら、生活習慣の乱れも整えることが大切です。

運動不足を解消して血行を良くすることも大事ですし、睡眠不足が続くと肌のターンオーバーが乱れやすいのでしっかり睡眠をとるよう心がけてください。脇の黒ずみにはストレスも大敵ですから、上手にストレス発散できる時間も設けましょう。